2014年11月アーカイブ

専業主婦がお金を借りる場合、総量規制の仕組みについて理解しておくことが必須になります。
総量規制は、改正された貸金業法に盛り込まれた仕組みのことで、「原則として、年収の3分の1を超える融資」をしてはならないというものです。
専業主婦には、本人名義の収入がありませんので、必然的に総量規制対象外のカードローンを選ばざるを得ません。

総量規制対象外のカードローンは、基本的には、銀行や信用金庫のカードローンのことをいいます。
消費者金融や信販会社などの「貸金業者」のカードローンが総量規制の対象となりますので、専業主婦は、銀行のサービスから申込先を選ぶことになります。

ただし、銀行のすべてが専業主婦への融資をしているわけではありませんので、銀行だから大丈夫というわけではありません。
専業主婦の申込みが認められている、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなどを選ぶようにしてください。

とくに三井住友銀行カードローンなら、家族に内緒で申込むことも可能です。
インターネットから申込みをし、カードは自動契約機で受け取るようにします。

カードローンの審査は、24時間いつでも受けられるものではありません。
申込みが夜間になってしまうと、お金を受け取るのが、申込んだ日の翌日以降になってしまうこともあります。
運転免許証や健康保険証、あるいは、パスポートなどを用意して、早めに申込み手続を済ませるようにした方がいいでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。